港区三田・田町界隈を中心にしたランチ日記「みたべろぐ」けっこうな店の数になってきた。。。

なにげにお初の「大連(たいれん)」ランチの量がハンパね~

食べログ グルメブログランキング

餃子がおいしいと巷で噂の「大連(たいれん)」へはじめて行って来ましたー!

外からお店の中がわからなかったのですが、このあたりの中華料理やさんに多い食堂的な雰囲気。13時すぎくらいだったと思いますが1階はほぼテーブルが埋まっており、2階へ案内されました。(というか雑に「二階ね!」みたいに言われたかんじww)

クローゼットみたいな両開きの扉をあけると、わわ、2階にも何組かお客さんがいます。

しかもメンズのグループ意多し!

大連 メニュー

(わざわざメニュー持ってもらってスミマセンw)定食セットが5種、麺類とご飯類のセットはそれぞれ3種類から好きな組みあわせが可能です。780円。

テコはレバーが食べたいな~と思っていたので「ニラレバ炒め定食」!780円

大連 レバニラ

想像はしていたけどやはり・・・・・このボリュームww

大連 餃子

おいしいらしい、餃子も3つ。

ニラレバは「上海亭」「杏花園」にくらべるとレバーのおいしさが劣ります。でも餃子はたしかにおいしい。

とにかく量がはんぱなく多いのに、780円というのは安い!!

大連 ラーメンチャーハン

カレー先生はラーメン、チャーハンのセット。ラーメンはしっかり1人前、チャーハンも1人前ありそうです。それに餃子がついているとは・・・・

大連 満腹

食べた後に発見!壁にこんなメニューもかかっていました!

「お昼の満杯満腹満足巨大麺類メニュー」 ええええええwww

どれだけボリューム押しなんだーっw女子としては頼むのが恐いです。

=============================

中国家庭料理大連 (中華料理 / 三田、田町、芝公園)
★★☆☆☆ 2.5

=============================

関連する記事はこちら

Tags:,

“なにげにお初の「大連(たいれん)」ランチの量がハンパね~” への4件のフィードバック

  1. 傘たて より:

    あははっ
    大連って、妙でいいですよねー。
    夜に行くと、激しくおいしい料理と、かなーり☆×!$◎な料理が混在していて、慣れないと厳しいです。

    でもピータンと、鮭の餃子と、モヤシとクラゲの甘酢炒めと、激安チャーハンが好きです~。

    先日、ここで見た「三田更級」に夜に行ってきました。
    なぜか蕎麦焼酎の蕎麦湯割りが、2杯分で300円。。。
    焼酎はとてもかわいいミニボトルに入っているので、友達が大喜びしてました。
    この辺りは、更級ばかりですね。(チェッ)

    ところで事業仕分けの対象にもなっている「女性会館」の2F、makiba styleで御飯を食べてみました。
    対応が優しくて、落ち着くムードですが肝心のお味がナニですねぇ。
    もったいない。

  2. MASAHALV より:

    大連、未訪問の課題店です。
    私が敬愛するレビュアーのTOMITさんによると
    http://r.tabelog.com/tokyo/A1314/A131402/13004557/dtlrvwlst/36069/
    セットメニューに付く餃子は作り置きで冷めていてイマイチなので
    「大連では初心を忘れずに単品の餃子を頼むべし」
    ということらしいですね。

  3. テコ より:

    傘たてさま

    大連、妙なんですよね〜〜〜ッ笑 夜はそんなに激しくおいしいのですね!!
    では大連は特に、昼だけですべてを判断してはダメですね・・・・・!!
    テコはピータンが苦手(というか食わず嫌い)なので、大連で克服できるかも☆☆ぜひ夜に行ってみたいなあ〜
    「三田更科」行かれましたか〜^^傘たてさんの三田の夜情報、参考になります!!

    お米カフェ「makiba style」なくなってしまうのでしょうか><
    はは、お味は・・・でしたかw たしかに、落ち着く雰囲気でボリュームたくさんで、いいんですけどね^^
    なくなってしまうならその前にもう一度行きたいです♪

  4. テコ より:

    MASAHALVさま

    こんにちは^^TOMITさんのレビュー拝見しました、なるほど〜〜単品の餃子は時間がかかる(!)けど頼むべしですね・・・!!
    作り置き感はさほどかんじませんでしたが、TOMITさんの言うパリパリ感はなかったですね・・・
    んー残念!ぱりぱりの絶品餃子食べてみたいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

↑Page Top